米株2億の配当金生活

30才で1千万を貯めたサラリーマンが米国株や為替を中心に投資を行い、資産2億円・配当金生活を目指します。

米株2億の配当金生活 イメージ画像
> 税金対策

税金対策

米株erです。確定申告に向けて、今年から導入されるID・パスワード方式に必要なIDを所管の税務署で払い出してもらってきました。今まではネットで申請(e-Tax)をするにはマイナンバーを発行し、専用のICカードリーダライタが必要でしたが、PCやスマホからこのID・パスワード
『確定申告用ID発行をしてみたところ、所要時間20分でした』の画像

米株erです。確定申告がネットでできるようになり、申請しやすくなります。と言っても、完全にネットでできるようになるわけではなく、事前に税務署でID発効を受ける必要がありますが、申請書の提出自体はネットでできるようになり、印刷する必要も、税務署で並ぶ必要もなく
『確定申告が簡単に!確定申告のメリットとデメリットは?』の画像

米株erです。大幅な株安により、損だししたら利益がなくなる方も多かったかと思います。米株erもそうでしたが、為替(FX)で利益が出ていたため、こちらは税金を納めなくてはなりません。株式の損益とFXの損益は通算できないため、分けて計算する必要があります。では、利益
『損だししても利益が残った!→ふるさと納税で税金を取り戻そう』の画像

米株erです。損だしの記事にコメントいただきました。ありがとうございます。私も十分理解できていないところがあり、調べましたのでまとめます。結論から言うと、今年の損だしができるのは12/24の取引までと考えたほうがよさそうです。まず、米国市場の休日と開場日、日本の
『今年米国株の損出しをするなら12/24の取引まで』の画像

米株erです。10月からの大幅な株下落によって米国株を持っている方は評価損を抱えている場合が多いと思います。私も先日紹介したアルトリアなど、主要な米国株が評価損になっています。しかし、このまま年末を迎えれば税制上はそう見えておらず、配当収入で利益が出ているよ
『大幅下落で評価損→年末の損出しで税金を取り戻そう ※12/23コメントを受けて追記』の画像

米株erです。年末となり、今年の税金額の確定が迫っています。株式投資では税金とどう付き合っていくかも大事なので、年末は1つ意識するポイントかと思います。NISAの非課税枠も12/31で翌年分に切り替わりますが、皆様はすでに枠を消費されているでしょうか。NISAは毎年一定
『NISAで買うべき米国株は』の画像

↑このページのトップヘ